上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予選が終わったら書こう…と思い、開始以来ワールドカップの記事は書いてきませんでした。
いくらアルヘンのファンとはいえ、日本人ですから、やはり予選通過をどこかで願っていましたが、正直な話、今の日本のチームでは無理です。
私はそう思っています。

代表チームには素人にはわからないシガラミや様々なことが背後にあるとは思いますが、もっと基本的なことや大切なことがどうしても欠けているように思えるからです。

今までたくさんの試合をこなし、補わなければならないこと、身につけなければならないことが多々発覚した後で、果たして彼らはそれらを克服してきたのでしょうか。
私の持ってる数少ない情報内ではノーです。
いくら練習を積んでも本番でそれを生かす難しさも知っています。
団体競技となれば尚さらでしょう。
でもせめて代表チームならそれをやって欲しいと願うのは当たり前のことです。

それでは原点に戻って、彼らは本当にW杯で勝ち続けたいと願っていたのか。
それはたぶんイエスだと思います。
でも、勝つための方法や道程を真剣に考えていたのか、となるとどうしても見えてきません。
W杯が始まってからずっとライブで全試合を観戦してきました。
世界の選手たちは画面を通してもエネルギーが伝わってきますし、120%以上の力を出そうとしています。
ゲームに勝つためだけに集中し、皆が目的をひとつに同調しているのがわかります。
しかし、残念ですが日本チームにそれを1度でも見たためしはありません。

仲良しチームである必要もないと思います。
日本は何人かの選手が海外で質の高いプレーを体験し、それを持ち帰って全体の質を高める…それができる状況であるのにかかわらず、それができないことはとても残念なことだと思います。

私は選手としての中田がとても好きです。
知り合いではないですから人間性がどうのということはわかりませんが、いつも高いものを目指し、実行しようとしている姿勢が好きです。
目的のためには何が必要かを常に把握しているからです。
たしかに、どう見ても他の選手たちを上手くまとめていけるとは思えませんし、実際に批判も多く、チーム内の不和も伝えられていました。
だからどうだっていうんです?
イチローのように穏やかで尊敬を集められれば言うことはありませんが、トップの選手はそんな人間ばかりではありません。
重要なことは、彼の持っている知識や経験をどう代表に生かすかでしょう。
反目し合っている時間があったら、勉強なりをして中田をやり込めるくらいの気合が必要なんだと思います。
個人やひとつのチームとしてではない代表というのは特に、小さいことは大して重要ではなく、皆が同じ方向を同じエネルギーを持って向けられるかということに尽きるんではないかと感じています。
他の選手たちが中田の考えを好きでなくても、勝つためには必要と認めるならば他のことはすっぱり排除して従うべきだし、それがスポーツマンであり、代表というものでしょう。
国を背負って、という自覚があればそれもできるはず。
ハングリー精神を持つことが不可能ならば、せめて頭を使って欲しい。
体力がないのなら高地でのトレーニングなど、素人でも思いつくものがたくさんあるんですけど。

ジーコという監督、私はまだ日本には早すぎたのでは…と思っています。
良い選手は必ずしも良いコーチや監督にはなれない、といのはどの世界でも常識ですが、それ以前に果たしてブラジル人が今の日本のレベルを完全に導いていけるのか。
それは選手たちがそのレベルの用意ができているのか、ということです。
これは私の経験の話ですが、日本人はスポーツを身体で楽しむということがとても下手です。
まず頭で納得しないと身体が動かない。というより、むしろ動かそうとしない。
だからコーチングをする場合には、いつも結果からプログラムを立てていました。こうさせたいためには何が必要なのか、ということです。
技術やトレーニング方法を教えることは易しいことですが、選手や生徒の思考やモチベーションをある方向に持って行くことが本来の指導者の役目ですから。
サッカーのレベルがある程度出来上がっている上でならジーコの指導はとてつもなく有難いことですが。
また、言葉の壁はどうなんでしょう。
たくさんのことをクリアしていかなければならない彼らたちは、たぶんほとんどのものを未消化で終わらせてしまったような気がします。
彼らの動向を把握し、内部の処理ができ、的確に指導のできる、できれば日本人の監督。
理想論です。
でなければやっぱりベンゲルにやって欲しい。

これからの彼らに与えられる課題は、今までよりもっとたくさんあります。
まず、自分たちの立場を自覚しなければならないでしょうね。
やはり、根本に戻るより方法はないと思います。
こんなに皆がサッカーを見、応援するようになったということはとても進歩だと思いますが、だからといって日本が強くなったわけじゃない。
まだまだ発展途上の途中なんです。
それはもしかしたらリーグから変えていかなければならない問題もあるかもしれません。
サポーターの姿勢も変えなければならないのかもしれません。
協会が変わっていかなければならないのかもしれない。

世界のトップのプレイやチームが簡単に見られるようになった今、お宝を目の前に置いてあれが欲しいと言っているだけでなく、なんとかそれを手にする方法を皆で考え、より良い方向に持っていきたいですね。
そして、私はとてもそれを願っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://footgob.blog51.fc2.com/tb.php/14-a1a37f10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。