上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーで海外組と呼ばれるのは選手だけではありません。
実は私の友人も現在ドイツの一部のチームで活躍しています。
今季二部からの昇格チーム、デュイスブルグのトレーナーです。
彼は大学生の時に門下生として私の元に来て、四年間一生懸命スカッシュを学びながら、コーチとして働いてくれました。
とても真面目で熱血タイプ。時々「どうどう」と落ち着かせなければならいほどでした。笑
何かあると相談に来てくれ、ドイツに渡った今でも変わらずお付き合いをしてくれています。
05.jpg

毎年年末に帰国すると必ず手土産を持って訪ねてくれ、鍋をつつきながら様々な面白い話を聞かせてくれます。
いつも驚くことは、帰ってくるたびに彼が大きく成長していること。
いろいろなプレッシャーを撥ね退けて、大きくなっている彼を見ることは、私にとって一番うれしいこと。
うちの3匹の犬たちも彼が大好き。
「今日、来るよ!」と言っただけで朝から大騒ぎ♪

私が資格取得で留学したのとは違って、海外で働くということは並大抵のことではありません。
言葉の壁や生活以外にも闘いはたくさんあります。
トレーナーという縁の下の力持ちとして何年も頑張り、チームが一部に昇格したと聞いた時は、私も涙が出るほどうれしかった!
監督や選手のことなんかよりも、すべて彼の功績だと思えたほどでした。笑

チームは残留を目指して苦しい戦いを強いられてはいますが、彼はいつも元気に選手たちを支えています。
今年はW杯もあることで彼はますます忙しそうですが、もっともっとデッカくなれよ♪
チームの残留、祈ってるよ!
でも、身体だけは気をつけてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://footgob.blog51.fc2.com/tb.php/4-7ef42911
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。