上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~、やっとリーガ・エスパニョーラの放送が決まりましたね。
WOWOWがスカパーに参入するだの違うだのというニュースが流れた時点で、今年はもう見れないかもしれないと半分以上覚悟してましたけど。
よかった。
もう、それこそたくさんの投書が来たんでしょう。
私は是非とも、いったいいくらで手を打ったのかが知りたい!笑

テニスが終わる前に…と望んでいたことが実現しました。
同じ局なので、時間が重なるということもないし、今週末は熱いですっ。
ラファはいないけど…。

第二節の放送は、
バルセロナvsオサスナ
レバンテvsレアル・マドリー
サラゴサvsエスパニョール
アトレティコ・マドリーvsバレンシア

パブロのいるサラゴサとバレンシアの放送が入っているので、ちょっとだけ許そうかな。
ちなみに第一節分も放映するそうです。
当然か。
いよいよベスト4が出揃います。

昨夜…というか、今朝寝る前にちょっとサイトを覗いたら、ラファの2セット目の試合が始まったばかりでした。
ありゃ、ファーストゲーム、とられたのか。
早速ラジオを聞きながら、スコアボードを睨んでましたが、どうも苦戦している模様。
ああ、動く画像が見たいっ!と思いながら最後まで聞いてしまいましたが…とうとう負けてしまいました。
ラファらしくないミスの連発、つのるばかりのフラストレーション。
本当に、らしくない。
会見では、ニューヨークで一番の出来だったなどと強がりを言ってましたが、たしかにここまで勝ち進んだのは初めて。
それでも格下の選手に負けて、さぞかし悔しい思いでいっぱいでしょう。
20060907a.jpg

私も悔しい!
ここで勝たなくては結局TVで1試合も見れなかったじゃない。
20060907b.jpg

勝ち進んだのは、ユーズニー。
次は、コナーズをアドバイザーに迎えた今回絶好調のロドリック。
楽しみですねぇ。

ああ、しかもサフィンまで負けちゃって…。
やっぱり君はそのメンタル面をどうにかしようよ。

フェデラーvsブレイク、ハースvsダビデンコのそれぞれの勝者がベスト4に入ります。

女子はモレスモーが頑張ってくれてます。
次は…シャラポワ。
負けたら承知しないんだから。
そして、ここまで思いきりの良いテニスで勝ち進んできたヤンコビッチはエナンと。

あ~これが終わる頃にはサッカー、見れるんだろか。
スペインがだんだん遠くなっていく…。
20060904a.jpg

アンドレ・アガシが遂に21年間のテニス人生にビリオドを打ちました。
バグダティスの試合は4時間を越える死闘、そしてベッカーとの試合でも、最後まで素晴らしいプレイを見せてくれました。
自分なりのスタイルを最後まで貫き、たくさんのファンを味方につけて闘い続けた年月。
それは自分の身体との闘いの日々でもあったでしょう。
今までたくさんの選手がコートから去っていくのを見てきましたが、やはり胸がいっぱいになります。
20060904b.jpg

アンドレの涙は、とても清々しいものでした。
そして感動的でした。

ありがとう、アンドレ♪
20060831a.jpg

サッカー放映のことはもちろん気になりますが、28日から全米オープンも始まってしまいました。
テニスの方がまだ時間がリーズナブルなので、身体は楽ですが、見たい試合を全部やってくれな~い。
まあ、ラファはきっと最後まで残ってくれるでしょうから、追々見られるでしょーが。
映像は見られませんが、公式HPで音声のライブを聞くことができます。
US OPENはこちら

さて、久しぶりにサフィンの登場です。
ダークホースとして期待されてはいますが、一回戦目からラケットを叩きつけて、ひと暴れ。
はあ…相変わらずっす。笑
ラケットを壊したら罰金だそうですが、またベンチは壊さないでね。
第二回戦はナルバンディアンが相手です。う~む。
20060831c.jpg


そして、この大会で本当の実力が問われるモレスモー。
20060831d.jpg

いつもハラハラしながら応援していますが、自信をもって頑張って欲しいものです。

しかしなんと言っても、引退試合となるアガシ。
20060831e.jpg

途中で魔法のラケットに変えてから、あれよという間に一回戦を突破しました。
次は、あのバグダティス。楽しみなゲームになりそうです。

USオープンに採用されているチャレンジ・ルールは、やはり進歩と呼ぶべきなんでしょうね。
こんなルールです。
・選手は1セットに2回だけ、疑問に感じたラインコールに対してチェックを要求する権利を持つ。
・問題のボールの着地点のグラフィックがスコアボードに映し出され、選手、オフィシャル、観客共に見ることができる。
・コールが間違いだった場合は、選手はチャレンジをキープできるが、正しかった場合はひとつ失う。
・タイブレークでは、選手たちは改めてひとつのチャレンジ権を得る。
・チャレンジを次のセットに持ち越すことはできない。
・この大会では、アーサー・アッシュ・スタジアムとルイ・アームストロング・スタジアムでの試合で、このシステムが採用される。
選手間では、このシステムはどう思われているのでしょう。
ラケットの素材も変わり、プレイスタイルも変化する中、ジャッジはやはり常に困難を伴うこと、選手たちのストレスを考えると当然の成り行きだと思います。
人間の目には限界がありますからね。
こういうシステムは、これからたぶん他のスポーツにも取り入れられて行くのでしょう。

それにしても、毎回ラファのナイキのウエアは私好みなのですが、今回の赤黒は最も好きな組み合わせ♪
20060831b.jpg


これを書いている間に、ラファは2回戦を無事に勝ち抜きました♪
現在、杉山選手の試合中です。
ああ、これ聞いてると寝る時間がなくなる…。
あああ…今年はどうなっちゃうんでしょう。
見れないんでしょうか。
とうとう第一節終わっちゃいました。
しかたがないので、プレミアやブンデスの生放送を見て我慢してますけど。

今年はバレンシアはかなり良い補強。
ホワキンも来ましたし、気合の入ってる様子。
でも、ここにパブロがいれば…と、つい思ってしまいます。
それでも、初戦ベティス相手に2-1と勝利しました~♪
しかも、モリエンテスの初ゴール!
やっと彼も実力を発揮できる居心地の良いチームを見つけたのでしょうか?
頑張って欲しいなあ。
20060827.jpg

だから、早く見せてくれ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。